基礎知識ナビ

基礎知識ナビ

即日融資キャッシングの金利は高い?

急にお金が必要になった時に便利な即日融資可能なキャッシングですが、すぐにお金が借りられる代わりに、その分金利が高いのでは?と思う人も多いのではないでしょうか?

ここでは即日融資ができるキャッシングの金利について説明していきます。キャッシングには大きく3種類に分かれています。消費者金融系のキャッシング、銀行系のキャッシング、信販系のキャッシングの3種類です。

この中で「即日融資」という事に焦点を合わせると審査が早い消費者金融系のキャッシングを選択することが多いと思います。ただ銀行系のキャッシングでも即日融資に対応しているキャッシングも多くありますので、ここでは消費者金融系のキャッシングと銀行系のキャッシングの金利を比較したいと思います。

消費者金融系のキャッシング

アコム、アイフル、プロミス、ノーローン、モビットなどテレビのCMでよく聞く名前が多いと思います。また街を歩いていても、消費者金融のキャッシングのATMなど見かけることも多いのではないでしょうか?

消費者金融系のキャッシングの金利は、4.5%から18%で設定しているところが多いです。○○%から○○%と下限金利と上限金利で書かれていますが、借入額によって変わります。即日融資の場合も含め、基本的には上限金利で考えていた方が良いです。

例:アコムの金利→4.7%~18%、プロミスの金利→4.5%~17.8%

銀行系のキャッシング

銀行系のキャッシングで即日融資に対応している銀行は、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などあり、多少銀行によって異なりますが、金利は4%から14.5%で設定しているところが多いです。
例:三井住友銀行のカードローンの金利4%~14.5%、三菱東京UFJ銀行カードローンの金利4.6%~14.6%

金利は借入額によって変わりますので、どこの金融機関でもホームページ上で返済シュミレーションができますので、活用してみてください。金利だけに注目すると銀行系のキャッシングが安いです。融資までのスピード重視で考えると消費者金融系のキャッシングの方が審査も早いので、即日融資できる可能性が高いです。