基礎知識ナビ

基礎知識ナビ

即日融資キャッシング出来る人と出来ない人

今日中にお金がいる!でもお金がない!という時に、即日融資ができるキャッシングはとても便利です。では、誰もが即日融資のキャッシングを利用できるのかというと、決してそうではありません。即日融資のキャッシングを利用できる人と利用できない人がいます。

ここでは、即日融資ができるキャッシングを利用できる人と利用できない人の違いについて説明していきます。

即日融資のキャッシングが利用できない人

即日融資ができない理由として、まず当然ですが無職の人は利用できません。どこのキャッシングも利用条件として「安定した収入のある○○歳から○○歳まで」としています。よって仕事をしていない人は即日融資のキャッシングを利用することができません。

ただ、キャッシング業者によっては、「配偶者に収入があれば専業主婦でも申込み可」というところもあり、仕事をしていなくても即日融資のキャッシングが利用できる場合もあります。あと、即日融資のキャッシングを利用する際に必ず本人確認書類の提出が必要となります。

キャッシング業者にもよりますが、運転免許証や健康保険証、またはパスポートなど指定の本人確認書類がない人、もしくは用意できない人は利用することができません。即日融資には各業者によって利用可能な時間帯も設定されています。○○時までに手続きが完了していれば当日中に振込みできますが、締め切り時間に間に合わないと融資が翌日になってしまうので、即日融資の締め切り時間を過ぎると利用できません。

また、過去3カ月以内に返済の遅延がある人、特定調停や自己破産、任意整理などの債務整理の経験がある人、あと短期間の間に複数のキャッシング業者から借入をしている人はは審査が通らない可能性が高いです。

即日融資のキャッシングが利用できる人

即日融資のキャッシングは、安定した収入がありキャッシングの利用条件の年齢対象であれば利用できます。「即日融資のキャッシングが利用できない人」で説明した項目に該当しなければ基本的には即日融資のキャッシングが利用できます。

多くのキャッシング業者では、ホームページ上で借入のお試し診断ができるようになっていますので、一度シュミレーションしてみることをオススメします。